つけないケアとアクレケア。

アクレケアの口コミでは、ニキビでクレーターまでできた人がそれを治したくて試しみるっていう人が結構多いと思います。

 

ただ、アクレケアでクレーターを治すためにはどうしても限界があるみたいですよ。

 

ここで、私のニキビ治療が参考になればと思って掲載しておきますね。

 

ニキビを治すため私が試した方法のうち、「つけないケア」は中でも効果が高かったです。

「つけないケア」というのは、まず一つに、乳液やクリームなどの、ともするとべたべたしてしまう基礎化粧品をお手入れのステップから一時的に外すこと。次に、ファンデーションやコンシーラー、色つきのお粉のようなメイクアップ化粧品の使用をほとんど中止しました。

 

洗顔後のお手入れを基本的に化粧水のみに変えて、その化粧水も、アルコール入りで「ニキビ治療効果がある」と謳った専門商品に変えました。

 

そのときの体調などによって、化粧水だけだと乾燥してしまうこともあるので、そういったときはジェル状のさっぱりとしたテクスチャの美容液をプラスして、お肌にうるおいを与えるようにしました。こうしてお肌をさっぱりした状態に保つことで、ニキビの減少に成功しました。

 

 

メイクアップ化粧品は、それまではファンデーションやコンシーラーでニキビやニキビ跡を隠すようにしていたのですが、それではやっぱりニキビは悪化の一途を辿ってしまうことに気が付いたので、「隠す」アイテムの使用は止めて、代わりに色つきではない日焼け止めとベビーパウダーだけを使用し始めました。

 

ニキビへの刺激を大幅に減らせるので、これは高い効果があったし、他にお肌に透明感が出るという嬉しい効果もありました。

 

これらの方法がニキビ減少に有用な効果があることがわかったことで、私は、やはり「ニキビにとってベタベタや刺激成分は大敵である」という認識を、再確認したのでした。ニキビ跡消すのにも大事です。

 

その点、アクレケアは卵殻膜などのの成分によって、十分に保湿されて、肌の表皮と真皮の間にある基底層からのターンオーバーが促進されるので、その大敵もやっつけてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>