ニキビで皮膚科へ。現在アクレケアを使用中。

20代になってニキビができて皮膚科に行きました。

10代のニキビと違い「20代は代謝が落ちて脂っこいものが消化できなくて皮膚にでてニキビになる」と皮膚科医に言われました。

それまでは、10代の頃のように皮膚の油、雑菌を洗い流す強めの洗顔料を使っていました。

代謝の落ちた20代の皮膚には、これはさらに皮膚を刺激する行為で、肌に必要な潤い成分まで不足して逆効果だったようです。

当時はカサカサな肌に油ぎったニキビが点在して、乳液もニキビとそうでないところで使い分けたりしてお手入れも面倒でした。

それからは、弱酸性の洗顔料でやさしくニキビのところだけを丁寧に洗い流すようにしました。

さらに、脂っこいものを食べたときは、ウーロン茶など油を分解してくれる飲み物を必ず飲みました。

皮膚科医には熱いお茶で体を温めると代謝が上がるとアドバイスを受けたので、お茶を持ち歩き内側からの体質改善につとめました。時間はかかりましたが、2か月でニキビ後の赤みは消えました。

ただし、消えたといっても一部なので、その他の部分についてはアクレケアでケアしています。

アクレケアは、ニキビ跡のシミやクレーターの改善にも効果を発揮してくれる美容液なんだそうですが、本当なの?と思って口コミをチェックしてみると、本当にクレーターが完璧ではないにしてもかなり改善されている画像もありました。

だから、私もそうなりたい、と思って今アクレケアを使っているんです。

アクレケアは卵殻膜と呼ばれる成分が特徴的で、卵殻膜は皮膚にできた傷などを治す程の効果があるみたいなので、期待して使っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>